オークスの悲劇

念願だった一口馬主を始めて11年が経ちました。目前だった中央G1口取りを夢見て

キャロ候補だった馬たち

最終的に申し込み候補に残った馬たちについてです。

 

・マチカネエンジイロ17

出資馬だったゴットフリートの半妹ですが、これはとにかく血統が魅力で

Buckpasser3×3、3/4Northern Dancerクロス、トライマイベスト≒Russian Balletの

3/4同血クロスと魅力たっぷり。これはアーモンドアイとかなり似た配合。

測尺もマイ基準をクリア。馬体を見ると体幹がしっかりしててピッチで走るタイプと

思いましたが、ツアー時もそういう印象でした。担当者の方にも牧場での様子を

聞いたら、やはりピッチで走るとの事。この血統は前向きなタイプが多いですし、

恐らくマイラーと予想します。早くから動けそうですし、母になっても楽しみ。

キムテツについては言及を控えます。

いずれにしても関東馬の場合は「天栄厩舎」という認識でよろしいかと思いますし。

 

 

・ストールンハート17

キズナ産駒は今年の募集馬を見ててトモは立派も「前の捌きが硬い」と言う印象。

ですが、募集動画で見た当馬は前の捌きも硬過ぎず、測尺もクリアして腹袋も

しっかりしてて好印象。ツアー時にも担当の方が「キズナの仔は肩の傾斜が窮屈で

前の出が硬い馬が多いんですけど、この仔はスムーズですよ」と。

気性面では「かなり気が強いです。馬に対しても人に対しても。そこが競馬に行って

良い方に出ると面白いですよ」とも仰ってました。

キズナはPacific Princessをどう刺激するか?が肝じゃないかなと予想してますが、

当馬は母系にHyperion+Donatelloの組み合わせを複数持ちますので面白いかも?

でもこの辺はスタミナや底力を与える血なので牡馬の方がいいのかな?という気も

しますが・・・。その辺はJade Hunterが軽さを与えてくれることを期待。

厩舎はキャロでは馴染みがありませんが、どうやら矢作ラインのようですね。

最近は重賞馬も出してますし、お手並み拝見。ちなみに師は「栗東高田純次」と

呼ばれてるらしいです。こういう馬で桜花賞に出てみたいな~。

 

 

・ヴェラブランカ17

ヴェラブランカの仔はどれも体高が高くて見栄えしやすいんですが、体質が弱いと

いうか緩くて体を持て余すといった印象を持ってます。

当馬も募集動画を見た時に見栄えもするし(黒いしw)、好印象。

ツアーでも時間をかけて見たんですが、緩い感じもなく立派な馬体ですがキビキビと

歩けてました。担当の方も「いい意味で硬さがあって良いですよ」と。

エイシンフラッシュは未だにどんな配合が走るか分かりませんが、母父にクロフネ

入る事で当馬は良い意味での硬さが入ってるのかもしれません。

厩舎は正直良く分かりません。

 

 

 

という事で、もしもピュアブリーゼが外れた場合。

1・5次はマチカネは無理なのでストールンハートかヴェラブランカで行こうと思って

ます。