オークスの悲劇

念願だった一口馬主を始めて11年が経ちました。目前だった中央G1口取りを夢見て

先週の結果とキャロ募集

先週の競馬は帰省中でまともに見られず。

 

ウインの二頭はリベロが松岡の意味不な騎乗で掲示板を外し、

フォルティスは高速馬場が合わないのか?はたまた小回りが合わないのか?

直線半ば過ぎてジワジワと伸びて3着とこちらは首の皮一枚繋がりました。

 

昇級戦のブリリアントリリーは現状不向きと思われる新潟外周りのスローを

逃げて3着。ペースにも恵まれましたが上りの早い競馬にも対応できましたし、

馬体重もプラス10キロで成長を感じましたから、今後が楽しみです。

 

 

さて、シルクの1・5次も売れまくってましたが、私は静観。

しかし、不安要素があっても次々満口ですので、皆さん購買意欲が相変わらず

旺盛で零細会員はなおさらうまく立ち回らなきゃと・・・。

 

という事で次はおキャロですが、募集確定馬が発表されました。

 

まずは字面での候補を

 

(関東)

・ローガンサファイア 4400万

・ジャッキーテースト 3600万

・ヒカルアモーレ   3600万

 

・マチカネエンジイロ 2800万

・フロアクラフト   3600万

フェルミオン    2200万

 

(関西)

・フォンタネリーチェ 5000万

アヴェンチュラ   6000万

・サトノジュピター  3000万

・プリンセスカメリア 2800万

・ピュアブリーゼ   3000万

・カフヴァール    1600万

 

・ヒストリックスター 6000万

・マラコスタムブラダ 2600万

・ジュモー      3000万

 

 

この中で母馬優先の馬もいますけど、何とか中価格帯当たりを引きたいのと

シルクがカナロア牝馬なので、キャロではやはり牡馬が欲しいなと。

実際これまでの私の出資データを見ると以下のように牡馬のほうが相性もいいん

ですよね~。

 

・牡馬・セン馬

勝ち上がり率59% 回収率289%

 

牝馬

勝ち上がり率50% 回収率172%

 

牝馬ハープスターで数字が上がっているのも鑑みるとやはり牡馬優勢。

牡馬はこれまでOP馬も5頭いましたし、しかもそのうち2頭は募集価格が

1400万(ストレンジクォーク)、1700万(ドリームバスケット)

ですしドリームバレンチノも2000万でしたから、回収率も当然上がります。

 

う~ん、これまで牝馬が苦手だという意識もなかったんですが、客観的に

データを見ると牡馬中心にしたほうが良いですな^^;

 

今年はバツなしですが、最優先は牡馬で行こうと思ってます(変わる可能性ありw)