オークスの悲劇

念願だった一口馬主を始めて11年が経ちました。目前だった中央G1口取りを夢見て

オレゴンレディ17

 

 

オレゴンレディの2017の血統表 | 競走馬データ - netkeiba.com

 

ハードスパンDanzig直仔で、日本での産駒も勝ち上がり率が優秀。

血統的にはDanzigAlydarにRobertoですからパワーパワーそしてパワーの

血統です。

 

オレゴンレディはアメリカで芝重賞勝ち。

血統的には日本で重賞を勝っているサマリーズと血統構成が良く似ています。

その点もプラス材料。

 

馬体は血統でイメージするような筋骨隆々ではなくて柔らかみがあり、窮屈な

所がないバランスのとれた馬体。歩様も硬さが無くてクセもありません。

ですので若駒の時期は芝でも走れて、古馬になってからダートでというイメージも

出来るかも。

適性としては母系のナスキロが多い血脈と馬体からも広いコースが向きそうな印象。

 

厩舎は若干微妙な気もしますが、悪くもない印象でしょうか。

主戦はウチパクや津村で、それなら特に問題もないかと。

 

ハードスパンは既にアメリカに呼び戻されてしまったので、今後は出資も難しい

でしょうし、ラフィアンDanzigを持つ馬との相性も良いですからこれはなかなか

良さげですね。