オークスの悲劇

念願だった一口馬主を始めて11年が経ちました。目前だった中央G1口取りを夢見て

ノーザン狂騒曲の裏で

社台サンデーの応募状況が更新されてますが、昨年にも増してノーザンの

売れ行きが凄い模様で一次で根こそぎ売れてしまいますな~。

 

まあ二歳戦もノーザンがスタートダッシュしてますし、そもそもここ2、3年

で社台との差もつく一方。

 

カタログに載せてるここ一年間の活躍馬もサンデーは重賞勝ちのみも、社台は

OP特別まで載せてる苦肉の策ですのでね・・・。

 

とにもかくにも今年は本家は見送る事にしてノーザン馬はシルクで1、2頭。

そしてキャロで厳選1頭かな?と考えてます。

 

ちなみに最後まで候補としてたのは縦縞のジプシーハイウェイでした(笑)。

馬も厩舎も良いですし、後はサドラーのクロスがどう影響するのか?

その点も興味津々です。

 

そしてラフィアン、ウインの募集も始まります。

基本的にはそんなに先行募集から売れませんし、そもそも自分はそんなに人気

になる馬を選ばないので焦ってるわけではないんですが、今後本家で良駒を引く

事を考えると今の時期に選ぶというのも一つ勉強になるかなとも思ってます。

マイレージも大きくなりますしね(笑)。

 

そしてビッグレッド系でどういう馬を選んだらよいか?

それこそノーザン有力馬とかち合わない土俵で戦えた方が当然良いわけで、となると「短距離・ダート・長距離」。

 

ただ、長距離馬を今の時期に選ぶというのはなかなか至難の業だと思ってまして

ステイヤーを選ぼうと思えば「スピード不足」というリスクも大きくなる。

「スピード」が無ければ競馬になりませんからね~。

ゴルシ産駒は数頭候補にいるんですが、その危険性が高いと見てますので、馬選び

は難しいかもしれません。

 

それとビッグレッドで2千万以上の馬を買うのはどうなのかなと。

それならノーザンで買った方がいいよな~とも思うわけです。

 

という事を踏まえまして現在の候補。

 

ラフィアン

・マイネアロマ 牡 父ゴールドシップ

(これはステイヤーだろう)

 

・ドリームレディ 牝 父フェノーメノ

(これは芝中距離も中山等ディープやハーツが苦手なところで戦えそう)

 

・ホッテストチケット 牡 父キズナ

(遅生まれも馬格もありそうで、歩きを見るとマイラーの見立て)

 

・マイネエポナ 牡 父ゴールドシップ

(これは長距離向きかな?ただ爪が弱そうな・・・)

 

・マイネカメリア 牡 父アグネスデジタル

(自分にはダートよりも芝に適性がありそうに見える)

 

・マイネアクティース 牝 父スクリーンヒーロー

(配合としてはそんなにいいとも思わないけど、歩きが好み。短距離馬)

 

●ウイン

 

・コスモクリスタル 牡 スクリーンヒーロー

(配合も良いし馬も良いけど、募集価格が・・・)

 

・シュフルール 牡 父ゴールドシップ

(これも好みだけど、母の繁殖成績を考えると募集価格が・・・)

 

・サマーソング 牡 父マツリダゴッホ

(これは分かりやすい短距離馬。体幹がしっかりしてる)

 

ラヴァーズナット 牝 父ロージズインメイ

(これも分かりやすいダート馬&ダート厩舎)

 

 

こんなところでしょうか。

スクリーンヒーロー産駒はどれもお高い印象で敬遠気味。

なんとか手頃な価格帯で一発狙いたいですね~。

 

あ、ツアーは不参加です。

それとノルマンディーは撤退かなと考えてます。