オークスの悲劇

念願だった一口馬主を始めて11年が経ちました。目前だった中央G1口取りを夢見て

ストレンジクォーク、嬉しいオープン入り

今週の出走馬は昨日の3頭でした。

 

まずは福島でホウロクダマ。

間隔空いてて、しかも追い不足な臨戦過程でマイナス20キロ。

この時点で勝負ありましたね・・・。

レース後のコメントだと喉の話も出てましたが、今回はこの馬体減。

輸送の失敗なんでしょうが、これが一番の敗因かと。

喉の状態は心配ですが、ガラッと変われるタイプだと思うので、

次はもう少し良い競馬を期待したいです。

 

東京では二歳期待のエルディアマンテがルメール騎乗でデビューしました。

馬体重は420を割ってくるかな??と心配してましたが426キロとまずまず。

馬体も大きく見せてましたし良い仕上がりだったかと思います。

レースは思いのほか前に行けて、やや掛かり気味ながらもなんとかルメール

なだめてくれて直線へ。内を捌き、伸びてきたところでレッドが外から一気に。出し抜けを食らった形から馬体を併せて最後まで抵抗しましたが残念2着。

う~ん、勝ちたかった^^;

使い減りするタイプですし、ここを勝って余裕を持って春のローテを組みたい

皮算用でしたので・・・。

これで天栄へ放牧。ガタッと来なければ年内もう一戦あるか??

ルメールに合わせて有馬の日のマイル戦なんかありそう。

中山は合わない印象ですが、能力で未勝利をあっさりクリアして欲しいです。

 

 

ラストは京都のストレンジクォーク

公式の関係者のコメントも状態は上向いてこないような印象。それに加えて、

年初に惨敗した京都に、これもその時と同じ「雨」。

三重苦のような状況で、そこもあってか人気もなく。正直私も掲示板があれば

上々かな?と思っていました。

プラス材料とすれば輸送競馬でも馬体が増えていたのと、内回り。そして雨も

既に止んでいたのでこれで何とかならんかと淡い期待を持って観戦。

レースは好スタートから浜中騎手も変に下げずにポジションを取りに行きます。

結果これが好判断でした。スローの流れを掛かりながらも内の三番手で我慢させて、

直線を向いたところでも手応え十分。そこから追い出されるとしっかり伸びて強敵を

競り落とした競馬は価値があります。

これまでルメールが乗った時と違い、勇気を出して番手を獲りに行った浜中騎手の

勇気に感謝。

そして状態イマイチながらも最期まで頑張って走ったストレンジの精神力も素晴ら

しかった。

一度準OPに上がってアデイインザライフと僅差の勝ち負けから、降級後勝ち切れず。

今年再度準OPに昇級後も状態面の問題やレース選択の迷走もあって、ここまで

なかなか結果が出ない中、今回の勝利は本当に嬉しかった。

激戦のノーザン、キャロの中距離路線。天栄の采配もストレンジの優先度は高く

無かった印象ですが(安馬だから?)、これで胸を張ってOP、重賞路線へ行けます。

さすがに天栄も優先度を上げてくれるでしょう(笑)

来年定年の小島太に素敵なはなむけを贈る事が出来るか??

来年のストレンジに期待大です。

でも、まずは激戦の疲労をゆっくりとってね。

 

 

と言う事で先日のムーンクエイクに続き、ストレンジもOP馬に。

しかもキャロの1400万募集の安馬でOP馬になれた事にまた価値があります。

ストレンジは二歳の春まで残っていた馬で、調教動画の動きを見て決めた馬。

まさかここまで走ってくれるとは当時はもちろん思いませんでしたが、やはり

春まで様子見できるといいよな~と嘆く訳であります(苦笑)。