オークスの悲劇

念願だった一口馬主を始めて11年が経ちました。目前だった中央G1口取りを夢見て

たまには二歳馬を

うちの二歳馬は未だ未勝利^^;

といいますかデビューしていない馬も多くて、何といいますか相変わらずと言うか

馬の選び方に問題があるのか?ちょっとここは今後の課題ですな。

という事で恥を忍んで(笑)二歳馬を整理してみます。

 

・ブライトパス(サンデーR)

現在入厩中で間もなくゲート試験の模様。夏に一度ゲート目的で札幌競馬場に

入ったんですが、その時はゲート難で試験まで行けず。

今回は今のところ順調だそうで、これだけカナロアが走ってるので、うちのも

早く合格してデビューして欲しいです。

 

・エルディアマンテ(キャロ)

来週の府中牝馬限定マイル戦をルメールでデビュー予定です。

この血統についてはノーザンでも「晩成気味」「気性面で難しいところがある」

という共通理解がはっきりしてますので、ここまで大事に来ました。

先週追い切り後に腹痛があったようですが軽度で、今週もきっちり追えましたし、

来週でしっかり仕上がってくると思います。

この血統は使い減りする印象ですし、エルディアマンテ自身も現在420キロ台の

馬体重ですから、きっちり勝ってゆっくり次へ向かえるのが理想ですね。

 

・ナイルデルタ(キャロ)

私自身初のタートルボウルですが、今のところ見立て通り芝向きの模様。

デビュー戦3着、未勝利6着と堅実に差しては来るものの展開向かず。

それと千四だと距離も短いので、次は恐らく京都のマイル戦かな?

とにかく最後は脚を使えますので、次で勝ってくれると今後が楽しみ。

 

・スーブレット(シルク)

デビュー戦出遅れからかなり長く脚を使って僅差の2着。

圧倒的一番人気の未勝利戦は不良馬場もあってか、まさかの6着。

しがらきで一息入れて年内もう一戦でしょうか?

次は決めて欲しいです。

 

・ロイヤルアフェア(シルク)

中山で二戦した後で骨折して、現在は空港で舎飼いで療養中。

せっかくめどが立っていたのに残念ですが、馬体を見るとそんなに怪我の心配を

していなかった同馬なので、この辺は「母高齢」という事なのかもしれません。

早くて来春の復帰だと思いますが、パールズシャインを見ても大きな怪我からの

復帰は簡単な物ではないだけに、不安は大きいです。

 

・ジャックローズ(シルク)

骨瘤で入厩が遅れましたが、入厩後は順調でゲートも合格。今はしがらきで乗ら

れていますが、15ー15でも動きが良かったとの事で年内デビューも見えて来

ました。母は薔薇一族ですし、姉のローズウィスパーを見ても古馬になって良く

なってくる血統。二月の小倉ではきっちり勝ってくれると思ってます(笑)。

 

ブリリアントリリー(ノルマン)

この世代唯一のノルマン出資です。

とにかく遅生まれですが歩きのしっかりしている馬だったので禁断の「ハーツ牝」

の掟を破っての出資。

青草食べすぎて(苦笑)一時は500キロを超えてましたが、現在はスピリットファーム

で丹念に乗られて一ヵ月。ようやく490キロまで絞れて、今週の近況でも動きも良く

体力面も十分、今月中には入厩だろうとの事。

とにもかくにもノルマンの2歳世代がこんな状況で不安は拭えませんが、期待している

馬ですので、デビューを楽しみにしています。

 

・ウインフォルティス(ウイン)

ドリームバレンチノの半弟ですが、この血統はもともと蹄に弱いところがあるらしく、

今回もザ石の影響で思ったよりも蹄を気にしている様子。今後は蹄鉄を履かせて調教

していくとの事でした。

ステゴ産駒という事で懸念の馬体重は500キロを超えて心配ありませんし、とにかく

牧場では動きも良くて評価が高いフォルティス。年内デビューは無理ですが、今後

順調に行って欲しいです。

 

・ウインリベロ(ウイン)

こちらのステゴはフォルティスと違いなかなか馬体重が増えません^^;

来週入厩との事ですが、競馬では420キロを切っての出走になりそう。ですが、牧場

でも動きは良いとの事なので運動神経の良さと心肺機能の高さで勝負する仔なのかも

しれませんね。

 

 

という事で未デビューが9頭中3頭とはこれいかに??

確かに晩成気味の血統が多いのは確かなので、致し方ないところでもありますが。

未デビューの馬たちも素質は確かだとは思っているので、ここからの逆襲を大いに

期待するところであります。