オークスの悲劇

念願だった一口馬主を始めて11年が経ちました。目前だった中央G1口取りを夢見て

牧場見学・空港編

さて、先日おそらく今年最後になるであろう牧場見学へ。

今回のご案内は私が苦手としている方です(笑)。

 

まずはノーザンファーム空港。

こちらにはラタフィア16、フェルミオン16、ロジャーズスー16が。

 

まずは本家のラタフィア16で馬体重は462キロ。

f:id:belleqip-kk-720:20171024144010j:plain

まだイヤリングから移動して間もなく、現在はまだ馴致中。

先日クラブでも画像更新がありましたが、こうしてみるとまだスラッと

した印象でメジャーっぽくない感じ。

 

ですが、トモも大きくなって来ましたし調教が進めばメジャーっぽく

なって来そうな予感です。

砂のぼりの影響はほとんどないとの事で、来月には坂路に入れるんじゃ

ないでしょうか??

性格的にはメジャーっぽく煩いとこもある様ですが、特に気にするところ

は今のところない模様。

 

 

続いてはシルクのロジャーズスー16。馬体重は448キロ。

 

f:id:belleqip-kk-720:20171024144150j:plain

 

こちらは周回コースで乗られてまして、近々坂路に入れそうです。

まあ、やはりハーツ産駒らしく気が悪い(苦笑)。

周回でも動きは悪くないそうですが、時折悪さをするらしいで油断

ならないらしいです。

 

 

最後はフェルミオン16。馬体重は424キロ。

f:id:belleqip-kk-720:20171024144248j:plain

生まれも遅くてまだ小柄なのに、この仔が一番調教が進んでました。

もう坂路に入ってハロン18秒で上がってます。

調教も真面目で、順調です。

後はやはり馬格がもっと欲しいところですね。

 

という事でさらっと空港編でしたが、まあなんといいますか、私が言わなくても

案内の方が曳いてる方に「性格はどんな仔ですか?」「歩かせようか」と言って

くれます。有難い反面、早く終わらせなきゃ感もひしひしと感じまして。

この辺は見学者が多い影響なんだろうなと・・・。

 

ちなみに三頭とも「今の時期は何もなく順調なのが一番ですよ」と締めてくれました。

 

「はい、その通りですね・・・でもさ、ゴニョゴニョ(心の声)」

 

 

ちなみに私は三頭の見学を24分で終了。

この時期はあまり具体的に聞ける事も少ないですし、こんなもんでしょうか??

 ちなみに見学した馬たちの歩きの動画はツイッターで上げております。

 

ノーザンファーム早来編に続く。