オークスの悲劇

念願だった一口馬主を始めて11年が経ちました。目前だった中央G1口取りを夢見て

ノルマンディー募集検討⑥ リスティアエーデル16

個人的に一度はホワイトマズルを持ってみたいと思っていましたが、

今年の1歳がいよいよラストクロップ。

 

で、ノルマンディーにもいましたよ「鼻白」が。

馬体を見ると確かに「いかにも」なホワイトマズル

母父サンデー系とも相性抜群!!しかも一発大物も出すホワイトマズル

でもでもでもでも・・・。

 

 

 

「マズル×母父フジキセキ」の成績がどいひー!!

 

 

まあ、そもそもサンプルが少ないからですがにしても相性悪いな~。

そもそもフジキセキは父にしても母父にしてもどうもダンブレ系との

相性が良くないですね~^^;

 

ただ、リスティアエーデルの場合は祖母のミスアベニューがHyperion

son-in-lowを数本持ち、リマンド、Aurora≒Alciydonの二アリークロスと

スタミナ血統も内包しているところがこの配合のポイントかもしれません。

馬体を見てもマズルが良く出てるので、前受けしてナンボ。

となれば上記スタミナ血統が出ていれば長距離路線で面白いかも??

でも、ローカル芝千八がベターな気もしますが。

 

それと母の産駒は検討会で代表が仰っていた通り小さすぎる産駒が多い。

400キロ満たないのが何頭もいますので、この繁殖成績も納得。

実際母も420キロ前後でしたしね。その中で当馬の馬体重や測尺を見れば

その点は心配ないでしょうし、むしろマズルの活躍馬は大型が多い。

 

歩様はそんなに気になるところもないですし、もっさりもしていないので

まずまず。でも、前肢はあまり丈夫じゃないようには見えます。

 

岩戸厩舎はノルマンともうまく行ってる厩舎ですし、値段を考えればローカル

中長距離で2、3勝してくれれば万々歳ですよね。

 

でも、これは恐らく残りますよね??