オークスの悲劇

念願だった一口馬主を始めて11年が経ちました。目前だった中央G1口取りを夢見て

ノルマンディー募集価格発表

徐々に全容を現してきたノルマンディーですが、今日は募集価格が発表と

なりましたね。

 

ザーッと見て感じたのはヴンダーゾンネ16は気持ちお高いかな?と。

まあ、40口ですし当初からあまり興味はなかったんですが。

 

さて、私の今のところの注目馬はこの二頭。

 

まずは以前にも触れていたパリ-ジョ16。

こちらは1120万募集で、厩舎は中舘厩舎。

厩舎はまだ自分は経験ありませんが成績を見るとまずまずで今後も伸びて来そう

な感じもあります。騎手時代から中舘は営業が上手かったらしいですしね(笑)。

後はやはり馬格が欲しいところ。父トーセンラーはデビュー時小柄でしたし。

 

もう一頭はフォーミー16。

募集価格1000万で厩舎は未定。父スウェプト母父アドマイヤマックスで母母父に

マルゼンスキー。つまりミスプロ×サンデー×War Admiral×La troienneの黄金配合の形。

スウェプトは早くから動けますし、大物は出ませんが2・3勝目指すには悪い

種牡馬ではないです。芝ダ兼用だったりもしますしね。

自分も初出資はドリームシャドウという父スウェプトの岡田スタッド産でした。

一口を初めて始める方に私ならこういう馬をお勧めしたいですね。

 

いずれにせよ後はカタログと動画、そして測尺。

それと売れ行きですね。人気になりそうなヴンダーゾンネとパッションレッドが

40口ですので、どこに人気が行くのかなと。

今のとこはカグラ、キョウエイハツラツ、ジョウノファミリー、マンデルーシュ

あたりでしょうか??ん?牝馬が多いな。タニノローゼも厩舎と種馬で人気に

なるかな??

 

うーん、後はウインと天秤にかけてですが、今年のノルマンは自家生産馬がなぜ

少ないのか??そして育成の遅れをどう考えるのか?その辺りも精査して行ければ

と思いますので、ツアー参加の皆様よろしくお願いいたします(笑)